> 編集部ブログ > 乳化剤不使用!優しい甘さの「フェアトレード・チョコレート」
編集部ブログ

乳化剤不使用!優しい甘さの「フェアトレード・チョコレート」

こんにちは。編集部のブル子です。日々の楽しみにの1つ、おやつのひととき…みなさんは「甘いもの派」ですか?それとも「しょっぱいもの派」ですか?

浪花屋の柿の種をこよなく愛する「しょっぱいもの派」の私ですが、冬になると無性にチョコレートが食べたくなります。限定商品やバレンタインデー向けの商品など、バリエーションもぐっと増えますよね!

という訳で今回は「しょっぱいもの派」の私が毎年リピート買いしている、秋冬限定販売のチョコレートをご紹介します。

ptcolumn_1701_1_1

<ピープルツリー フェアトレード・チョコレート 板チョコ>
フェアトレード(開発途上国の生産者をサポートする運動)の専門ブランド「ピープルツリー」で大人気の板チョコレート。 ボリビアやペルーのカカオ豆、フィリピンの黒砂糖、コスタリカやパラグアイの粗糖などフェアトレードの原材料を使用し、スイスの工場で時間をかけて作られています。植物性油脂、乳化剤不使用。※秋冬限定販売

People Tree HP
http://www.peopletree.co.jp/index.html

寒い季節にしか販売されないのは、温度にデリケートなココアバターを贅沢に使用しているからとのこと。私が毎年購入しているギフトセット、今年は定番の8フレーバー(ミルク、ヘーゼルナッツ、オレンジ、レーズン&カシューナッツ、ホワイト・クリスピー、シナモン、ホワイト・ジンジャー&レモン、カラメルクリスプ)に、新登場のベジチョコライン(ビター・ザクロ、ココナッツミルク、オーガニック・ビター、ビター・レモンピール)が加わった12フレーバー入りでした。単品でも購入できます。

1枚(50g)税抜350円と決して安くはないのですが、植物性油脂や乳化剤を使っていない優しい甘さのチョコレートは、甘いもので胸焼けしがちな「しょっぱいもの派」の私にとって貴重な存在!ミルクベースとホワイトチョコベースがあり、1つ1つのフレーバーがとっても個性的です。パッケージの温もりあふれるイラストも素敵♡

ptcolumn_1701_1_2

一番のお気に入りは、黒糖とカカオの香り+カリカリとしたカラメルクリスプの食感がたまらない「カラメルクリスプ」。さわやかな「オレンジ」や甘酸っぱい「レーズン&カシューナッツ」も捨て難い…!

私がこのチョコレートに出会ったきっかけは、友人からのミニギフトでした。板チョコの他にもフィリングタイプ(チョコクリームが中に入ったタイプ)やデザートバー、ハート型、ミニギフトセットなどがあり、バリエーションも豊富!ちょっとした贈り物やバレンタインデーにいかがでしょうか?

 

staff_yamayu_rプラチナAge編集部:ブル子
愛知県生まれ、千葉県育ちの1児の母。本づくりに携わって早15年、健康の心配があれこれ増えつつあるアラフォーです。ストレス解消法は、愛犬フレンチブルドッグ♂(プラチナ世代)の顔を伸ばして遊ぶこと、音楽で踊ること。
投稿日:2017年1月20日 | カテゴリー:編集部ブログ