> おすすめ情報 > 「自分の親を入居させたい」理想の介護施設〜アーバンリビング相模原〜
おすすめ情報

「自分の親を入居させたい」理想の介護施設〜アーバンリビング相模原〜

親の介護施設入居について考えたことはありますか? プラチナ世代の親はその多くが70〜80代の方。ある調査では、施設入居者の約9割がこの年代に入居するという結果がでています。

もし施設入居を考えたなら、まず実行したいのは施設選び。今回は、医師が顧問を務め、新しい試みを導入しているという介護施設を取材してきました。

神奈川県相模原市の有料老人ホーム「アーバンリビング相模原」

アーバンリビング相模原

◎離れていても家族が寄り添える〜見守りシステムの導入〜

こちらの一番の特徴は、顧問を務める虎の門病院 睡眠呼吸器科の成井浩司医師が、情報通信技術を利用した見守りシステムを全床に導入したという点です。

入居者のベッドに敷かれたセンサーマットが、呼吸数、心拍数、体の動きを常時計測し、その日の血圧や体温なども含めた情報を、医師やスタッフ、離れた家族がスマホやパソコンを使ってリアルタイムで確認することができます。どこにいても入居者の様子を見守ることができるほか、ベッドから離れて戻らない場合はアラームが鳴るため、事故防止にも役立っています。

アーバンリビング相模原
スタッフのスマートフォンから、全ての入居者の情報をいつでも確認することができる。「緊急時に自らボタンを押さなくてはならないナースコールよりも安心」との声も。

アーバンリビング相模原
顧問を務める成井浩司医師。専門である睡眠時無呼吸症候群のケアや予防にも力を入れている。

アーバンリビング相模原
入居者だけでなく、施設スタッフや地域住民へ健康セミナーも実施。

 

◎リズムある生活で健康的な毎日

介護施設を選ぶ際、施設の清潔さやスタッフの雰囲気と同じ位チェックしてもらいたいのが、入居してからの日々の過ごし方です。

毎日の活動量の低下は身体機能の衰えに直結するため、非常に重要な課題でもあります。アーバンリビング相模原では、施設の屋上を利用した日中活動を積極的に取り入れることで活動量の向上を図っており、屋上家庭菜園や「屋上散歩」と称した外気浴は、身体面だけでなく精神的にもよい気分転換になり、入居者にも好評です。

また、認知症状進行の原因として昼夜逆転生活が問題視されていますが、日中に身体を充分動かすことで夜もよく眠れ、リズムある規則正しい生活を維持することができます。

アーバンリビング相模原
日課となっている屋上での外気浴は、丹沢の山々も一望できる入居者もお気に入りの時間。天気がよい日は特に気持ちがいい。

 

◎地域に開かれた介護施設

施設を利用できるのは入居者に限らず、地域にも門戸を解放している点が興味深いところです。

1階ロビーでは、地域住民も参加できる認知症カフェや健康セミナー、カラオケ教室などを定期的に開催しています。ボランティアの手も多く借り、地域の主体性を引き出すきっかけ作りにもなっています。

アーバンリビング相模原
集いの場となる、エントランスからすぐの1Fロビー。

アーバンリビング相模原
認知症カフェで行われた音楽療法の様子。懐かしい歌を歌ったり、合奏で楽しいひとときを過ごす。

 

◎医師のつくった介護施設、その想いとは?

「自分の親を入れたくなるような施設にしたい」創設した際の成井医師の想いはその一点に集約されています。

脳梗塞、乳がん、腰椎圧迫骨折と大きな病気を重ねてきた今は亡き母に、「安心して生活できる場を作ってあげたい」と考えたのが始まりでした。成井医師が目指すのは、医療と介護の包括的なケアが地域で完結できる施設。地域に根付いた、外からの風通しのよい施設です。

アーバンリビング相模原
スタッフの教育にも熱心。認知症状のある方にもしっかりと対応できるようにと、認知症研修の有資格者3名が中心となり、他職員にケアについて指導している。「スタッフ全体で認知症の方への対応の仕方を工夫することで、生活の困難を少しでも取り除くお手伝いができれば」とのこと。左端は、今回取材協力いただいた施設長の渡邉氏。

 

取材をして感じたことは、「人を幸せにできるのは人」なのだということ。入居者を大切にするために、まずは職員を大切にするという精神が息づいている施設でした。

在宅で看るという選択、介護施設で看るという選択。どのような選択をする場合でも、介護する側とされる側が疲弊しないことが一番大切なように思います。今後このような志の高い施設が増えていくことで、家族の不安も減っていくのではないでしょうか?

【DATA】
名称:介護付有料老人ホーム アーバンリビング相模原
住所:神奈川県相模原市中央区田名4735-1
費用:一時入居金0円 敷金3ヶ月分 月々17万5000円+介護使用料=平均22〜23万/月
http://urban-living-jld.com

投稿日:2016年7月27日 | カテゴリー:おすすめ情報