> 編集部ブログ > 唇ケアの救世主 「ジョンマスターのリップカーム」
編集部ブログ

唇ケアの救世主 「ジョンマスターのリップカーム」

こんにちは。編集部のブル子です。最新号の制作も一段落し、ホッとひと息つきたい今日この頃…暖かい季節まであと少し。まだまだ寒さや乾燥が気になる日々が続きますね。

空気が乾燥する季節は肌トラブルに悩む方も多いと思いますが、超がつくほど乾燥肌の私にとってもまさに「戦い」の季節!!

今回ご紹介するのは、年齢とともにひどくなるカサカサ・カユカユに立ち向かう私の肌ケアアイテムのスタメン、一年中手放せないリップクリームです。

ptcolumn_1701_2_1

<ジョンマスターオーガニック リップカーム(オリジナルシトラス)>
アメリカ発のオーガニックコスメブランドによる、口コミでも絶大な人気を誇るリップカーム。植物油やミツロウが乾燥やひび割れを癒し、ふっくらと柔らかな唇に導きます。なめらかなテクスチャーで乾いた唇にもなじみやすく、1度塗るだけで長時間潤いをキープ。マンダリンオレンジの爽やかな香り。

リップクリームで唇が荒れてしまった経験はありませんか?ケアするために塗ったはずが、痒くなった、ブツブツができた、さらに荒れてしまった…という話を時々耳にしますが、私もずっと悩んでいました。肌の中でも、皮膚が薄く皮脂腺のない唇は特にデリケートな箇所のようですね。

色々試しては撃沈していた私に、オーガニックコスメに詳しい友人が勧めてくれたのがこのリップクリームです。最初はお値段の高さに躊躇しましたが、藁にもすがる気持ちで試しに塗らせてもらい1日過ごしてみると…あれ。痒くならない!ブツブツが出ない!

とろけるように唇になじみ、昼過ぎから夜までしっかり潤いが持続。「これは他のリップクリームとは違う予感がする…!」と、翌日には購入を決めました。

ptcolumn_1701_2_2
濃厚なバームのようなテクスチャー。体温で溶けるようになじみ、ヴェールのように唇を包みます。

初めての購入からリピートを続け、かれこれ5年。唇の縦じわが気にならなくなり、唇本来の色が戻って来たような気がします。口紅の下地としても使えますが、普段の私はほどんとこのリップクリームのみです。食べてしまいたくなるほどナチュラルな柑橘系の香りに癒される〜♪ 2016年からはペパーミント、バニラ、ラズベリーの香りも発売されているようです。

リップクリームで唇が荒れてしまう方、是非1度試してみて下さい。

 

staff_yamayu_rプラチナAge編集部:ブル子
愛知県生まれ、千葉県育ちの1児の母。本づくりに携わって早15年、健康の心配があれこれ増えつつあるアラフォーです。ストレス解消法は、愛犬フレンチブルドッグ♂(プラチナ世代)の顔を伸ばして遊ぶこと、音楽で踊ること。

投稿日:2017年2月20日 | カテゴリー:編集部ブログ